「映像制作とは」

映像というのは最近ではほとんどのもので使用されていますよね。屋外でもモニターに映されています。

その映像の製作というのはいったいどのようにされているのでしょうか?

今回は映像制作について紹介していきたいと思います。

映像制作というのは、TVやアニメ、イベントなどで流す映像を作成することを言います。通常はクライアントより、依頼をいただいて、要望に沿った映像を作成する映像制作会社が多数存在します。映像制作会社により、TVCMやドラマを作成する会社、会社PR専門の会社、WEBでの映像配信専門会社など様々な形態があります。近年では、WEB動画の普及によって映像制作に関する需要は増えていっています。

 

映像制作をする上でのコツは、多くのことがあります。一つ目は映像を撮りながら編集をするということです。理由は簡単なことです。映像をとっているときに編集をしていると、撮り終わってから即完成に持ち込めるということがあるからです。なので、時間の短縮にもなりとても便利です。それだけでなく、映像に使用する分だけしかとらないので、容量などもとてもコンパクトに抑えることができます。

二つ目は、カメラを動かさないことです。最低でも10秒は動かさないということです。それが基本であり、コツだと言われています。やはり初心者の方だと『こっちもとりたい、あっちもとりたい』と言ってカメラを動かすことが多いと思いますが、それをしてしまうと見にくいですし、酔ってしまいます。なので、カメラを動かさないほうがいいと言われています。

 

このように、映像制作には多くの種類があり、最近とても普及しているとのことでした。

映像制作をするコツというのは、色々とあるのですが、主に基本的であり、コツになるのはこの二つです。

今映像制作をしているという人や、映像制作を始めようと思っている人がいるなら、これらのコツや基本を参考にしてみるのもいいかもしれません。そのことで映像制作がうまくなるかもしれませんよ。