映像制作と著作権

youtubeに自分が投稿した動画を削除できないという状況は少々考えにくいので、「あなたが(甲)作成した映像」を「別の誰か(乙)」に提供し、その「別の誰か」がネット配信や広告への利用を行ったということで考えてみたいと思います。で、このようなケースは著作権法で解決する話ではなく、甲乙両者の契約内容にて決められる話です。甲の個人的な理由により動画の削除を希望する場合の取り扱いが定められていないのであれば、それは改めて甲乙両者で話し合った上で決めてください。知らないうちに乙に都合の良い契約に同意している場合(とくにネットサービスの場合)がありますので、契約内容は良く確認して見るのがいいでしょう。名前の表示をどうするかというのは「氏名表示権」という著作者に認められた権利ですので、名前を表示しないよう要請することは可能です。著作権者であっても契約を交わした時点で著作物を100%自由に出したりしまったりが認められるという訳ではありません。あなたに著作権が帰属していようと、契約が成立した時点で多少の制限はどうしても受けてしまいます。

契約書に書かれていない事項については「決まっていない」ということになります。なので以外の条件、つまり「動画の削除」「著作権を行使できる範囲」「氏名表示権の取扱い」などについては「決まっていない」ということになります。決まっていないので、現状では現在決まっているルールに従うしかありません。それ以上の条件を新たに付け加えたいのであれば両者の合意形成が大切というわけです。